文字サイズ

先頭へ

本当に美味しい出雲そばを

創業と変わらぬ想い

そば

蕎麦切り

蕎麦切り

そば

始まりはそば処
島根県飯石郡飯南町頓原。
昭和三十三年、伊藤ソメがそば処として
「奥出雲そば処 一福(おくいずもそばどころ いっぷく)」を
開店したのが「有限会社 一福(ゆうげんがいしゃ いっぷく)」の始まりです。
一福のそばは、甘皮も一緒に挽きこんだ「一本挽き」の黒いそば。
“挽きたて、打ち立て、ゆでたて”の三たてのそばを基本として、
創業以来変わらぬ美味しさの出雲そばをご提供しております。
製法や伝統の味を守りながらもお客様のご要望に沿い、そば一筋に努力をし続けてまいります。
“奥出雲の野趣あふれる素朴な味わい”
一福のそばをぜひお楽しみください。

そしてこの味を  全国へ届けたい

そば工程①

徹底した管理のもと、
自社工場でそばの製造を行っております。
麺の太さ、コシなど、
手打ちにできる限り近い状態に仕上げており、
創業当時と変わらない美味しさを守り続けております。

そば工程②

一福の本生そばは、
製造工程で熱処理を施しておりません。
そのためそばの風味を損なうことなく、
美味しさを保っております。
豊かな味わい、本生ならではの
喉ごしをぜひお楽しみください。

そば工程③

変わらぬ味わい変わらぬ風味を

つゆ

初代店主が作り上げた独創製法に、
三代目店主がこの味を引き継ぐなかで
現代の煮沸滅菌と熟成技術により、

芳醇なコクとまろやかさの
「熟成だし」を完成させました。
使用するのは、厳選した北海道産の天然真こんぶに、
頓原の清らかな水。
そして、創業から変わらず取引を行っている
芳醇な醤油を使用しております。
そば通を唸らせる特製のつゆで、
出雲そばをお楽しみください。

それは一福そばの 立て役者

  • 基本は北海道天然真こんぶ
  • 引き立てる天然地下水
  • 隠し味の

長期保存ができる

つゆ入れ

ストレートつゆを

一般的にストレートつゆは賞味期限が短く、
購入が敬遠されがちです。
しかし、弊社では直営店と同じ美味しさを
お楽しみいただきたいと考え、長期保存可能な
ストレートつゆを開発いたしました。
本場のつゆの美味しさと風味を、
ご家庭で手軽にお楽しみください。
ご自宅用はもちろん、ギフトにもどうぞ。

つゆ工程①

つゆ工程②

※開封後は冷蔵庫で保管ください。